Line@配信 第10回:英語イディオム

2018/06/14

こんにちは! めじろ英語教室の石山仁美です。

なんてこった!
パンナコッタ(汗)

失礼しました。

毎週木曜日の午後4時にLine@配信をする、
と決め 海外出張の時も事前に準備し、
この自分との小さな約束を守ってきました。

が、しかし!

今は木曜日の夜8時ではないですか!

忘れておりました・・・。  

いろんな事が同時多発的に起こっていて
自分の許容範囲を超えているのか!? と思わざるを得ませんが、

自分で決めたことなので投げ出したくない!
欲張りだけどきちんとやりきりたい! ということで、

午後8時ですが大急ぎでLine@の原稿書いてます。

それでは、英語イディオムをお届けします。

==============================

1)mumbo jumbo mumbo

jumbo は 何を言っているのかわからない

=ちんぷんかんぷん

【例文】 She is like a kid, most of what she says is mumbo jumbo.
彼女は子供みたいね。言っていることの殆どがちんぷんかんぷんよ。  

2)snow job

snow は 雪

job は 仕事、役目、機能

=いかさま商売、巧みな嘘  

【例文】 The media, once again, is giving us a snow job.
メディアはまた、巧みな嘘をついている。  

3)in the nick of time

nick は 切り込み、欠け目

time は 時間

=ちょうどよく、ぎりぎり間に合う  

【例文】 The bride arrived at the wedding in the nick of time.
新婦はぎりぎり結婚式に間に合った。  

4)on the mend

mend は 縫う、改善する、改良する

=快方に向かう、治りかけて、好転する

【例文】 After a long illness, he is finally on the mend.
長期の病気の後、やっと快方に向かっている。  

5)birds of a feather

birds は (複数の)鳥

feather は 羽、羽毛

= 同じ穴のムジナ、同類の集まり

【例文】 She will like Chris – they’re birds of a feather.
彼女はきっとクリスを気に入るさ。
同じ穴のムジナだからね。
 

【仁美のコメント♪】

先週は体験に次ぐ体験。
嬉しい悲鳴的な1週間でした。

そして嬉しいことに体験してくださった方々が
皆さん入会してくださることになりました。
何と恵まれている自分。感謝です。

生徒さんの貴重なお時間を私に頂けるのですから念入りに準備し、
しつこい!と思われるくらいなレッスンを心がけております。

しつこいって言ってもネチネチなしつこさではなく
サラサラ、カラカラな爽やかなしつこさだと自分では思っております。
ご心配なく(笑)

それでは See you next week!