Line@配信 第20回:英語イディオム

2018/08/23

こんにちは! めじろ英語教室の石山仁美です。

昨日、めでたく誕生日を迎えることができました。
年齢はご想像にお任せします♪

朝0時きっかり。
娘の 「ママ、お誕生日おめでとう~」 から始まり、
日本の友人→ アジアの友人→ 北米・南米の友人 と、
時差に合わせてお誕生日のお祝いメッセージが続々と届きました。  

「地球って丸いのね」   と再認識した時間(笑)。  

そして 私を生んでくれた母に感謝し
時間を割いてお祝いメッセージを送ってくれた友人に感謝し
楽しいと言って教室へ通い続けてくださる生徒さんに感謝し
好きな事をさせてくれる娘たちと主人に感謝

誕生日はいろんな人に感謝する素敵な一日になりました。

来年の誕生日はどこでどんな日を迎えているのか楽しみです。  

それでは、英語イディオムをお届けします。

==============================

1)to heart’s content

heart は 心、心臓、気持ち、気分

content は 満足して、内容、中身 心が満足する

=心ゆくまで

【例文】 Your kids played in the snow to their heart’s content.
君の子供たちは心ゆくまで雪で遊んだよ。  

2)in vain

vain は 無駄な、効果がない、ムダである様

=無駄  

【例文】 From the day my bird got away from its cage,
I have been trying to find it but all in vain.
ケージから飼い鳥が逃げてしまった日からずっと探しているがだめだ。  

3)wind up

wind up は 緊張させる、興奮させる

=怒らせる  

【例文】 My sister really knows how to wind me up.
妹は私を本当によく怒らせるの。  

4)just in case

just は ちょうど、適切な

beat は 万一に備えて

=万が一、もしものために、念のため

【例文】 My company hired an extra staff just in case the client agrees to sign another contract.
クライアントが他の契約書にサインした時のために、会社はもう一人のスタッフを雇った。  

5)make do

make は 作る、制作する

do は する

= 間に合わす、済ます

【例文】 We will have to make do with a cabbage for the salad, even though a lettuce would be better for it.
サラダにはレタスが良いけど、キャベツで間に合わせないとならないね。  

【仁美のコメント♪】

以前はホールケーキの1/4をペロリと食べれていましたが最近では1/8でも多いくらい(汗)。
誕生日に家族が用意してくれたチョコレートケーキを四苦八苦しながら食べる私を横目に、
娘は美味しそうにパクパク。

意外にも食事シーンから「老い」を感じたのでした(笑)。  

それでは See you next week!