Line@配信 #211「日本の学生の英語力は向上したが、まだ目標を下回る」

2022/06/08

こんにちは。
めじろ英語教室がお届けする
今週の【海外ニュースピックアップ】です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
めじろ英語教室 Line@ #211_9Jun2022
======================================
Japanese Students’ English Improves, but Still Below Goals
「日本の学生の英語力は向上したが、まだ目標を下回る」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Japanese Students’ English Improves, but Still Below Goals

Japanese students are getting better at English,
but still not meeting government goals.
Around 47% of graduating junior high school students
had English proficiency levels of A1 or higher on
Common European Framework of Reference for Languages (CEFR).
This is 3% higher than in the last survey in 2019.

【単語チェック!】

  • improve:(動詞)改善する、上達する
  • below:(前置詞)より下へ、より低く
  • government goal: 政府目標
  • graduating:graduate(動詞:卒業する)の現在分詞
  • proficiency level: 習熟度
  • CEFR:セファール(ヨーロッパ言語共通参照枠)
  • survey: (名刺)調査


【訳】

日本の学生の英語力は向上したが、まだ目標を下回る

日本の生徒の英語力は向上しているが、
政府の目標にはまだ達していない。
欧州言語共通参照枠(CEFR)で
A1以上の英語力を持つ中学生の卒業者は約47%だった。
これは、2019年の前回調査より3%高い。

==========================================================

<編集後記>

セファールとは欧州評議会が作成した
国際的な言語の運用能力を測る指標となっていますが、
日本では特に英語の評価で使われています。
その言語を使って何かできるかを形であらわしたものです。

英検もTOEICもTOEFLもセファールと比較していますので、
自分の英語力が国際的な基準だとどの辺かというのがわかります。

例えば、英検3級(中学校卒業レベル)はCEFR A1~A2となり、
英検2級(高校卒業レベル)はCEFR A2~B2となります。

CEFRの最高レベルはC2で、英検1級やTOEIC満点よりも更に上、
まさにネイティブレベルと言えるでしょう。

政府目標は英検3級レベルの中学生、
英検準2レベルの高校生をそれぞれ50%ということでしたから、
その目標に届かずということですね。

そもそも英検3級(A1)英検準2級(B1)50%という数値も
かなり「ゆるい」という印象を持っていましたが、
4技能となると日本の教育ではまだまだ難しいのでしょう。

どうしても日本の学校では文法を中心の授業が行われていますし、
スピーキング、リスニングの時間が少ない様に思います。

学校によっては、英語の授業は全て英語、
テストの問題文も全て英語という徹底した
英語教育を行っている学校もありますが、
そのような学校へ通う生徒さんは確実に成果を出しています。
是非多くの中高校でもこのような授業をして欲しいですね。

毎朝5分、シャドーイングの時間を作ってもいいくらいです(笑)
シャドーイング、お勧めですよ。

それでは来週~♪

==================================

めじろ英語教室 代表 石山仁美
東京都新宿区下落合3-19-2 井関ビル3F
TEL: 03-5906-5044 メール: info@mejiroeigo.com
URL: https://mejiroeigo.com

営業時間:月~金 10:00~19:00
無料体験レッスン実施中

==================================