Line@配信 第138回:英語イディオム

2021/01/07

明けましておめでとうございます。
めじろ英語教室の石山仁美です。
本年もLine@でのお付き合い、よろしくお願いいたします。

誰もが静かでゆっくりとしたお正月を迎えられたと思います。
私も久しぶりにゆっくりし、お正月は家族で日本国内旅行を楽しみました。

国内旅行といっても「桃太郎電鉄*」での国内旅行です。
北は北海道、南は沖縄まで何度往復したことか・・・(笑)

*任天堂スイッチの電子版ボードゲーム

遊びながら行き先々の名産や駅の場所を覚えたり
戦略的に切り札のカードを使ったり
土地を購入したり、大変良い頭の体操になりました。

それよりも、何度大笑いしたことか(爆笑)
このお正月の大笑いで我が家からは確実に負のエネルギーは撤退したでしょう。
ご近所迷惑にならないかひやひやでした。

コロナの感染者数がうなぎのぼりで外出自粛をお願いされています。
ご家族でゆっくりとボードゲームを楽しむのもありですよね。

それでは本日の英語イディオムをお届けします。

======================================

<head start>

to start ahead of the official start of an event
有利なスタート、先に始める

例文:Could we possibly get a head start on planning mom’s birthday party?
I would like to get everything done in time.
お母さんの誕生日パーティーの準備を先に始めることは出来ますか?
時間までに全部をやっておきたいんです。


<go for broke>

try as hard as possible
すべてをかける、とことんやる

例文:This is my last chance to achieve what I want. I am going to go for broke.
自分が達成したいことをやる最後のチャンスだ。
とことんやります。


<call on>

to visit someone for a short while
短い時間訪問する

例文:I’ll call on you on Sunday to tell you about my proposal.
私の提案について話すために日曜日にお伺いします。


<tide over>

the aid of some kind through a difficult time
困難をしのぐ、急場を切り抜ける

例文:Let me lend you some money to tide you over until payday.
給料日まで急場をしのぐためにお金を貸しますよ。

<shadowban>

a method of censoring or controlling content on the internet
シャドーバンとは、ソーシャルメディアの運営側が悪質なユーザーのアカウントの投稿をタイムライン等に表示させないように設定して(公の目に触れないようにして)半ばアカウント凍結(ban)に近い状態にする措置のことである。

例文:Twitter has shadow-banned me, and no one will see my tweets now.
ツイッターが私をシャドーバンしたよ。
誰も私のツイートを見る事ができない。

========================

<仁美のコメント♪>

2回目の緊急事態宣言が発令されますね。
前回と違うのは学校が一斉休校にならないことです。

これに関して「すべての生徒さん」が

残念!

と言っていました(笑)

ちょうど冬休みで完全なお休みモードになっていますから
そういう気持ちになって当然です。

一日も早く感染者が0になるように祈るばかりです。

それでは来週~♪

==================================

めじろ英語教室 代表 石山仁美
東京都新宿区下落合3-19-2 井関ビル3F
TEL: 03-5906-5044 メール: info@mejiroeigo.com
URL: https://mejiroeigo.com

営業時間:月~金 10:00~19:00
無料体験レッスン実施中

==================================